「北海道らしい食文化」の創造を目指して

(本年度はご希望も多く、6月末までを新年度ご入会受付とさせていただきます)年に1度の入会受付、4月からの年度ごとの会員とさせていただいており恐縮です。個人法人を問いません。知人のご紹介やホームページをご覧になって当法人の活動にご興味を持たれた方々もぜひ、遠慮なくお知らせください。お申し込み後に一定の確認をさせていただきますが、どうぞよろしくお願いいたします。

設立趣意書 https://winecluster.org/about_us/about/purpose/

定款、年会費などより詳しいご案内、入会申込みは⇒ https://winecluster.org/about_us/join/

 

北海道の新たな文化創造をご支援いただませんか?

北海道の経済と食文化を豊かにするミッションがあります

5つの夢

①もっとワイン産地としての知名度を高めたい
②もっとワインを置く店、飲む人を増やしたい
③もっとワインを学べる場を増やしたい
④もっと北海道の経済と食文化を豊かにしたい
⑤WCHは北海道に必要な組織でありたい

これらのミッションは唱えるだけではなく、実際に消費者サイドの需要や賛同があって具現化、定着をしていくものと考えます。理念や活動にご賛同いただける方、北海道が好きな方が入会なさっています。

NPO法人とは?

NPO法人(特定非営利活動法人)はボランティア団体との混同や「非営利」という言葉から「無償でサービスを提供する組織」や「給与などがない」と誤解されますが、営利とは売上から経費一切を引いた残余分を指し、この分配(配当、期末手当など)ができないのが非営利団体であり、NPO法人もそのひとつです。

会員制度とは?

NPO法人は資本金がないことから理念や活動内容に賛同して年会費等の支援をしてくださる方を会員としており、その会員制度は株主と似たような存在と考えることもできますが、私はそれを私どもの活動に共感的な支援者という位置付けと捉えています。

会員特典とは?

当法人のNPO会員制度は特典があるということよりも、北海道をワインを通じて応援するという意味合いの方が強いかもしれません。以前には会報やメルマガの発送、イベントの企画が滞りご迷惑をお掛けしたことも多くありましたが、2024年から運営体制と内容を新たにし、会員制度の充実を図るとともに、新会員を募集したいと思います。
入会金、年会費がかかりますがNPO会員になってくださいますと「会員特典」といたしまして、阿部代表による定例会見ならびに北海道のワインに関するミニセミナーの受講(毎月1回 無料)、会員相互で交流できるワイン会(年間5回程度 会費制)やレクリエーション等への参加、メールマガジン(月2回)、会報(年6回)を受け取ることができます。また、当法人が運営に関与するイベント等のご案内などもございます。

2024年2月からはワイン資格取得に関する学習指導を会員限定にてオンラインで開始いたします。

2024年4月からはさらに魅力的な会員特典が1つ加わります。驚くような学びと体験をお楽しみに!

設立趣意書と定款等は?

設立趣意書 https://winecluster.org/about_us/about/purpose/

定款、年会費などより詳しいご案内、入会申込みは以下よりご覧ください。

https://winecluster.org/about_us/join/

会員の義務や会費の税控除は?

特段に「会員の義務」等はありません。年会費の税控除もありません。ご支援をいただいていることに感謝し、会員向けの活動企画をするとともに、学びや体験の機会を会員のみなさまに提供するものです。ファンクラブ的な組織と捉えてください。

尚、会員それぞれのお名前やお勤め先等を会報などでご紹介することはありません。ワイン会、レクリエーション等でお会いした際にご自身でお名前を仰っていただく程度です。但し、できれば当法人スタッフは会員の方々の業種(お勤め先)や入会の動機などを把握できると運営上の参考となりありがたいです。

―――

会員活動の記録

5月31日(金) 2024(令和6)年度 通常総会を開催いたしました
5月27日(月) 会報「Letter from WCH 2024年6月号」を発送いたしました
5月25日(土) メールマガジンの送付を行いました
5月11日(土) 定例会見およびメールマガジンの送付を行いました

4月30日(火) グリル銀鱗荘にてWCH会員限定ワイン会を実施しました
4月29日(祝) 北海道大学ワイン教育研究センター棟の特別見学会を行いました
4月20日(土)、21日(日)、28日(日)
会員および道新文化センターの受講生を対象に、貴重なヴィンテージワインを楽しむ「特別テイスティング会」を実施しました。

2000 おたる初しぼりミュラートゥルガウ(24年熟成)
1999 おたるツヴァイゲルトレーベ(25年熟成)
1988 石狩ヴァイスブルグンダー(36年熟成)
1991 石狩シュヴァルツリースリング(33年熟成)
1991 完熟遅摘ペルレ(33年熟成)
2000 おたるデラウェア(24年熟成)

4月13日(土)オンラインによる定例会見&ミニセミナーを実施しました。メールマガジンをお送りしました。

3月29日(金) 会報「Letter from WCH 2024年4月号」を発送しました。年会費のご案内、各種リーフレット等も同封しており、4月1日のお届け予定ですので楽しみにお待ちください。

3月23日(土) メールマガジンをお送りしました。

3月16日(土) 「北海道産ワインとイタリアンの食事を楽しむ会」を小樽にて開催しました。28名のご参加をいただき、どうもありがとうございました。

3月9日(土) オンラインによる定例会見&ミニセミナーを実施しました。

2月22日(木)メールマガジンをお送りしました。イベントや北海道のワインに関する情報、そして3月の定例会見&ミニセミナーの視聴URLをお知らせしています。

2月10日(土)オンラインによる定例会見&ミニセミナーを実施しました。同日に配信したメールマガジンにて録画版のURLをお知らせしましたので視聴されていない会員様はご覧ください。

2月1日(木)会報「Letter from WCH 2024年2月号」を発送しております。少しでも早くお届けしたかったので1月31日(水)のうちに投函し、道内には2月2日の配達となりました。道外は2月5日(月)の配達となるようです。

1月27日(土)メールマガジンをお送りしました。2月の定例会見&ミニセミナーの視聴URLをお知らせしています。

1月13日(土)オンラインによる定例会見&ミニセミナーを実施しました。同日に配信したメールマガジンにて録画版のURLをお知らせしましたので視聴されていない会員様はご覧ください。

1月8日(月)メールマガジンを配信しました

12月29日(金)メールマガジンを配信しました

12月11日(月)会報「Letter from WCH 12月号」ができました。印刷と封入、発送作業に入ります。水色の封筒を郵便にてお届けしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

―――

10月5日(木)会報を発送いたしました。これまでの会報から「Letter from WCH」にリニューアルし、発送頻度を増やしていきます。水色の封筒でお届けしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

―――

5月29日(月)に通常総会報告会を実施いたしました。議案について了承をいただき、理事ならびに監事で会員活動のさらなる充実と、物販通販の再開も含めたアフターコロナの対応について協議しました。早速、6月1日よりワインセンターの再開に向けて取組みをスタートさせております。

―――

4月22日(土)に開催した「桜とワインを楽しむ会」は快晴の天気のなか、手宮公園までのウォーキングと桜の開花を楽しむことができました。お弁当も好評でしたし、和やかで素敵な時間を過ごすことができました。どうもありがとうございました。

―――

3月21日(祝)に開催の「ワインクラスター北海道より創業10周年の感謝をお伝えする会」につきましては、たくさんの会員のみなさまにご参加をいただきまして、誠にありがとうございました。祝辞やお祝いの品々、お気持ちなど頂戴し、大変ありがたく感謝をいたしております。

―――

10月1日(土)~2日(日)の会員レクリエーションにつきましては、十勝エリアでの開催となり、とても楽しく、この機会にしか体験できない特別感満載のものとなりました。ご参加ありがとうございました!

―――

9月23日(秋分の日)のワイン会(センチュリーロイヤルホテル札幌)につきましても多くのご参加をいただき誠にありがとうございました。素晴らしい展望とサービス、お料理とワインを楽しんでいただき嬉しい時間となりました。

---

7月18日(月・海の日)のワイン会(12時30分~ 松尾ジンギスカン滝川本店)につきましては、会員メールマガジンでご案内したところ2日ほどで当初の想定の人数に達しました。当日は㈱マツオの全面的なご協力により、とても稀少な部位の羊肉を含めた至高のメニュー構成にてご用意し、大変喜んでいただけたことに感謝申し上げます!

―――

5月19日のアンワインドホテル小樽のワイン会も呼びかけにご参加ありがとうございました。6月26日のホテルソニア小樽での小樽ワインスクウェア主催によるワイン会も阿部が登壇します!

―――

5月3日~5日は北海道・ワインセンターにてNPO会員限定のウエルカムイベントを行いました。お越しいただきましたみなさま、どうもありがとうございました。また8月にも実施する予定ですのでお楽しみに!

―――

4月25日更新:会報を発送いたしました。15ページにわたりさまざまなご案内、イベントスケジュール等を記載しております。年会費納入のお願いも入っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

4月14日更新:4月29日(祝)のウォーキング&ランチは定員となりました。ご参加のみなさまにはメールを差し上げておりますでのご確認ください

――――

NPO法人ワインクラスター北海道では2023年度からの新規会員を募集いたしております。会員制度はどちらかというと北海道ならびにワインが好きなファンクラブ的な要素が強く、会員限定のメールマガジン、会報にて会員のみなさまにさまざまなご案内を差し上げながら、コミュニケーションの機会を設けております。

会員特典、活動としては以下を予定しております。
・定期的なワイン会やミーティングイベント(道内開催×祝日を中心に6回程度)
・会員レクリエーション(ワイナリーツアー等×2回程度)
・会員限定blogへの各種情報掲載
・メールマガジン、会報の発送

ご入会を検討の方や過去に会員でいてくださった皆様へ

NPO法人ワインクラスター北海道の会員制度は特典満載とはいきません。会員になっても特に義務や権利もありませんし、会報やメルマガが送られてくるほかは任意でイベント等にご参加いただけるだけともいえます。
現在の会員に加えて過去の会員のみなさま、設立当初からしばらくは会報の発送や特典、イベント等も不安定で大変ご迷惑やご心配をお掛けしてきました。

最近は会報、メルマガ、blogによる会員向けのご案内や特典、通信販売、イベント等の企画もある程度の頻度で計画的に行えるようになってきました。まだまだ行き届かないとも存じますが、どうぞ何卒ご容赦ください。

私どもは物品や金銭的な特典のご提供はあまり出来ません。「北海道のワイン産業を応援したい」、「私どもの活動を支援したい」、ワインクラスター北海道の主催するイベントやセミナー等に参加したい、優先的なご案内等を希望されるなどのお気持ちのある方が会員になってくだされば、全力でお応えするするように努めます。現在、会員になってくださっている方々は、そうしたことも見守りながら私どもを支えてくださっている、私どもにとってかけがえのない存在で、もっとも大切な方々です。

毎年4月からのご入会として1月から募集を開始させていただきます。現在、募集期間となりますので、よろしければこの機会に4月からの入会としてお申込みくださると嬉しいです。

入会のご案内

また、過去に会員だった方には、そうしたことが行き届かずに退会された方もいらっしゃると思い、お詫び申し上げます。ようやく体制も整ってきたこともございますので、もし再度会員になっていただける方はぜひメールにてご連絡ください。

---

「会員限定blog」につきましては、以下のようにご登録をいただけますと会報に書ききれなかった話題や最新の話題、HPや動画等へのリンクにてお楽しみいただけます。登録にはアメブロのアカウント設定など少々面倒ではございますが、ぜひご登録ください。

 

<限定blogのご登録につきまして>

以下に登録方法をまとめました。パソコンであれば同時に別ウインドウで以下のページを立ち上げておくと便利です。(②からの操作となります)

https://ameblo.jp/winecluster001/

尚、登録後にblogページ内(メッセージ機能)から「会員番号」をお知らせいただく必要がありますので、お手元にご用意のうえ登録ください。

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

スライド7

スライド8

従来の会報を大幅に補完するものとして最新の話題や活動報告、さまざまな情報をお届けできると思います。どうぞよろしくお願いいたします!