「北海道らしい食文化」の創造を目指して

ショップ一覧

ハッピネスデーリィ カフェ

'No Image'

嶋木牧場で育てられた乳牛の生乳を、こだわりのアイスクリーム・ナチュラルチーズなどの乳製品に加工して販売するハッピネスデーリィ。その一角にあるイートイン。

ル・ミュゼ

ルミュゼ02

石井誠シェフが、北海道の食材を多用し、絵画的なセンスで創作するフレンチ。市内でも特に環境に恵まれており、パーティ利用も多い、緑の中の一軒家レストラン。

食堂カフェ Barba

バルバ④ 看板

新鮮なクリームチーズを使用したキッシュが人気。ひとりで気軽に入れる雰囲気も魅力。人気店でもあり、席数が限られているので、事前の電話を入れて利用したい。

ラ・サンテ

ラサンテ3

オーナーの高橋シェフと、ソムリエのマダムが20年間営むレストラン。羊を始めとした熟成肉やアスパラ、魚介など、四季折々のスペシャリテにファンがついており、地産品としての道産ワイン&チーズとのつきあいも長い。道外からも旬の味をめざして訪れる人が多い、小さな名店だ。

月の中(つきんなか)

'No Image'

本格焼酎50種と日本ワイン30種を楽しむ居酒屋。ワインは全ラインアップの中から、日替わりで10種をグラスでも提供。焼酎にもワインにも合わせられる一品料理が人気。