「北海道らしい食文化」の創造を目指して

当法人の業務は通常通りに行っておりますのでご安心ください。北海道・ワインセンターは4月24日(金)より営業再開いたします

新型コロナウイルスの発生と流行拡大に伴い、当法人では以下の対策のうえで業務を実施しております。(現在、ワインセンターについては休業、小樽運河オフィスについては③の体制としております)

①北海道・ワインセンターにおける消毒用アルコールの設置と職員のマスク着用義務化 ※1月中旬~

②北海道・ワインセンターの一般営業を縮小(雪あかり期間の午後~夕方のホットワイン提供に限定、それ以外は臨時休業または物販のみの営業としております)※2月8日~

③小樽運河オフィス(事務)職員のテレワークによる在宅勤務等を開始 ※2月22日~

④「緊急事態宣言」を受けて、2月29日と3月1日は全職員の外出を自粛いたします ※2月29日~3月1日

⑤北海道・ワインセンターにつきましては、2015年4月の開設以来、対面での解説付きワインテイスティングを実施しておりましたが、お客様と従業員の安全面への配慮ならびに、小樽を訪れる観光等のお客様の壊滅的な減少のなかでワインを開栓しておくことによる品質劣化やそれに伴うイメージの悪化を防ぐ観点からも、当面の休業とさせていただきます。※2月25日より完全に施行

⑥休業中を機会として、小樽運河ターミナル内にある「北海道・ワインセンター」と「小樽運河オフィス」の徹底清掃とレイアウト変更等を実施。通信販売免許の活用に向けた整備、研修、商品発売を実施。※3月12日~

⑦小樽運河オフィスの役割と機能を見直し。本部機能を不特定多数の人が立ち入れない建物に移転することを決定。※2月中より計画。3月16日より移転先への搬入や整備を開始し、4月1日より本部機能を移転。(郵便物、電話等も従来通りで変わりません。尚、北海道・ワインセンター&小樽運河オフィスもこれまで通りに使用します)

 

電話・FAX等の連絡は出来る限り、メールでのご連絡にしてくださいますよう
また、ワインセンターは2月中旬から不規則営業となっておりご迷惑をおかけしておりましたが、2月25日以降は休業とさせていただいており、4月24日(金)より営業再開を予定しております。

以上、誠に恐縮ですが、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます