「北海道らしい食文化」の創造を目指して

NPO法人ワインクラスター北海道では、北海道経済部の委託事業として2019年8月28日(水)に小樽市経済センターにてホテル・レストラン等の飲食業に従事する方々を対象とした「北海道産ワインセミナー」を開催いたします。

オサワイナリー、北海道ワイン株式会社、はこだてわいんの3社による、最新の話題や事例紹介、飲食業界へのご提案などを各25分程度のプレゼンテーションとテイスティングを通じて行います。ぜひともこの機会に、ご参加ください!

---
北海道は、醸造用ぶどうの栽培面積が日本一で、ワイナリーもこの10年間で2.5倍となる37カ所を有す る国内有数のワイン産地です。また、2018年6月には、国際的な産地保護制度であるGI制度によるワイン の産地として「北海道」が国から指定されました。まさに今、北海道の食や観光の楽しみのひとつとなって いくことが期待され、北海道のワインがより多くのホテルやレストランで提供される等、食産業との連携が 求められているところです。 そこで、今回のセミナーはワイナリーやブドウ畑の多い後志地方の拠点都市である小樽市を会場に、最 近の北海道におけるワインの動向、食とのペアリングを交えながら、実務に直結する各ワイナリーのワイ ンの紹介をワインのテイスティングも含めた内容にて実施いたします。

なお、小樽市内の事業者様におかれましては、本セミナー終了後に、引き続き、小樽市雇用 創造協議会による「小樽カスベフェア」の説明と試食、試飲(15:15〜16:45 小樽経済センター 7階大ホールB)もご参加いただけます。

---

<北海道産ワインセミナー in 小樽 開催要領>

日時:2019年8月28日(水)13:30~15:00(受付開始13:10~)

場所:小樽市経済センター7階ホール(小樽市稲穂2丁目22番1号) JR小樽駅より徒歩3分

内容:
1.北海道産ワインをめぐる動き(13:30~13:45)
NPO法人ワインクラスター北海道 代表理事 シニアソムリエ 阿部眞久
2.各ワイナリーによるプレゼンテーションと各1種類のワインテイスティング(13:45~14:50)
北海道ワイン㈱、オサワイナリー、はこだてわいん
3.名刺交換、交流タイム(14:50~15:00)

 

対象:
①北海道内のホテルやレストラン等のオーナー、シェフ、ソムリエ、スタッフ等
②酒類販売及び流通等の業界関係者
(北海道産ワインの取り扱い拡大に向けたプロフェショナル向けのセミナーです。一般の方は参加できませんのでご了承ください)

受講料金:無料

定員:50名程度(先着順 定員となりしだい締切とさせていただきます)

申込方法:申込用紙をFAX返信にてワインクラスター北海道へお申し込みください

申込用紙のダウンロードはこちらから _2019小樽 酒販・飲食店舗向けセミナーチラシ

2019-08-08 (2)